英語学習は今後変わっていくべきなのか? - 気になるニュースを投稿していく20代ニートのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習は今後変わっていくべきなのか?


日本人は中学校から大学まで10年間も英語を学習しているが
全く英語が出来ない、とはよく言われることであります。
いろいろと調べていく中で、英語教育のゴールが
「英語学習を独学で進めていけるスタート地点」という記事を発見しました。

まず自分達が中学、高校の頃は英語というのは
全くの非日常であって、「使わないのだから勉強の必要なし」といった感じでした。
世の中には英語が溢れていて、街を歩けば洋楽が流れているのを耳にしたり、
案内掲示板が英語で書かれているのを目にしたりします。

しかし、自分達がそれを理解する必要はなく、
洋楽なら日本語歌詞カード、案内なら日本語訳がすぐ隣に書いてあります。

大学に入ってからは英語の資格が就職に役立つといわれて
意識するようになりましたが、実際英語が役になったという事はなく、
大半の職業にはなんら影響しないのではないか?と思っています。

そんな状況の中で英語学習を学校の中でどんどん強化していく、
という可能性は少ないのかもしれません。

オーラルコミュニケーションの導入によって
文法の理解が下がって英語の学力の低下が論じられていますし、
リスニングのような難易度の高い学習を取り入れたところで
大半の人はついていけなくなるだろう、という予想がたつからです。

このように「英語に興味を持つ人たちを独学に導くレベル」
がゴールだとすれば目的を達成できているので、
日本の英語教育はこの先も変わっていかないだろう。ということらしい…

英語に興味のない人間にとって10年間の何%かが
全くの時間の無駄になってしまっているのだが。

そうであるなら英語に興味を持つように、
教師が生徒に英語を学習することのメリットなんかを
もっと伝えていける時間の確保をしていって欲しいところです。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://newskeyword696.blog.fc2.com/tb.php/11-71a003c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。