日本人も英語が出来る。英語でスピーキング披露 - 気になるニュースを投稿していく20代ニートのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人も英語が出来る。英語でスピーキング披露

伊勢志摩の中高生21人が米国主催のスピーチコンテストで
安心、安全をテーマにスピーチコンテストでを熱弁を披露しました。

今年で5回目のこのコンテストは毎回この安心、安全がテーマですが

今回のコンテストは先ほどの東日本大震災と
それに関する放射能と食品の問題などが絡んで

スピーチ内容を考える事もしやすかったのではないかと思います。

テーマが深いのでスピーチを考えるだけでも
そのテーマをじっくりと理解することが出来るし、
また自分の思いを世界に向けて発信できるいい機会になります。

日本人は英語が出来ないと言われますが、
しっかりと学校で学習を行った生徒は
このようなテーマで約3~5分ものスピーチが出来るようになるし、

それは中学生レベルでも可能であるという事です。

アウトプットの学習方法は学校ではほとんど取り扱われません。
このようなスピーチの機会がたまにあって、
その時に少し自分で考えてみるだけではないでしょうか?

このような機会をたくさん持ち、
自分でアウトプットしていく習慣を持つと
どんどん英語が話せるようになっていくでしょう。

中学レベルの文法を3年間アウトプットし続けたら
十分話せるようになるに違いありません。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

アウトプット・・・確かにそうですよね。
海外でどうしても話さなくては仕事にならないスポーツ選手なんか
あっという間に語学が堪能になっていますよね。
私もいざ・・・何か言ってみようと思っても全く出てきません。
インプットもまだまだなので仕方ないですが・・・・
音読ドリルで強制的にアウトプットする日々です。

2011-08-21 18:46 | from レモン | Edit

No title

その通りだと思います。
日本の英語教育ではアウトプット、自分の伝えたいことを英語にする、という教育が少なすぎますよね。
アウトプットは会話をするうえで必要不可欠です。そして実際にアウトプットしてみることってすごく大切で、勉強になると思います。恥ずかしさという壁を超えると、楽しくなってくるハズ・・・。学生のうちからこういう機会で経験をすることは素晴しいと感じました:)

2011-10-01 16:21 | from UquENG

Re: No title

>レモンさん
遅くなりました

石川遼くんすごいですよね
毎日頑張れば何かしら成長しますよ
楽しみながらやればプラスになります

2011-12-03 22:48 | from せどリッシュ

Re: No title

>UquENGさん
日本人てホント恥ずかしがり屋ですよね
まぁ僕もですが。
中国の英会話塾はとにかく大声で話す、という
一点に絞った教育してましたね

日本もそうしたほうがいいと思います

2011-12-03 22:50 | from せどリッシュ

トラックバック

http://newskeyword696.blog.fc2.com/tb.php/51-03ed4cac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。